Pray to my SOUL

たくさんのスピリットと生きる世界を

七夕の夜に

f:id:ResoulA:20170707202114j:image

そらはどこまでも空だ

そらは「空」と呼ばれていることを

知っているかは知らない

 

くもは空にあっての雲だ

「雲」と呼ばれていることを

知っているかは知らない

 

織姫はひたすらに彦星を待っている

彦星はひたすらに織姫を思い続ける

 

それすら

本当はわからない

 

ただ

二人の存在が

たくさんの人の中にある

いくつもの愛を現実に導いて

私達ひとりひとりの

表現をたすけていく

 

誰かに思いを伝える

誰かの思いを受け取る

 

行動という勇気が

それを可能にする

 

流れる星に願いをかけずとも

星はいつだってそこにあるのだ

 

f:id:ResoulA:20170707202719j:image

 

太陽がさすが青い空の中にも

見えないながらに輝いてる

 

七夕の夜

いつもある星に挨拶をし

どんな時も見守ってくれるように

願うのもいいのかもしれない

 

気持ちのいい世界ほど

どこまでも遠くまで行きそうになるもので

それはまさに

グラウディングと密接な関係がある

現実を渡り歩くには

いくつかのエッセンスも必要で

知恵やエネルギーを活用して

表舞台立つことも

その人々にとっての得意不得意があれど

重要なこと

 

ますます頼もしい人に成長すれば

それぞれに笑いかける星も増える

そうすれば

織姫と彦星も

年に一度と言わず数回は

互いの笑顔を眺められるかもしれない

 

そういって、

アマテラスが優しく微笑むからね

 

 

pic/島根県 長浜神社

pic/空の上より

広告を非表示にする