Pray to my SOUL

たくさんのスピリットと生きる世界を

七夕の夜に

f:id:ResoulA:20170707202114j:image

そらはどこまでも空だ

そらは「空」と呼ばれていることを

知っているかは知らない

 

くもは空にあっての雲だ

「雲」と呼ばれていることを

知っているかは知らない

 

織姫はひたすらに彦星を待っている

彦星はひたすらに織姫を思い続ける

 

それすら

本当はわからない

 

ただ

二人の存在が

たくさんの人の中にある

いくつもの愛を現実に導いて

私達ひとりひとりの

表現をたすけていく

 

誰かに思いを伝える

誰かの思いを受け取る

 

行動という勇気が

それを可能にする

 

流れる星に願いをかけずとも

星はいつだってそこにあるのだ

 

f:id:ResoulA:20170707202719j:image

 

太陽がさすが青い空の中にも

見えないながらに輝いてる

 

七夕の夜

いつもある星に挨拶をし

どんな時も見守ってくれるように

願うのもいいのかもしれない

 

気持ちのいい世界ほど

どこまでも遠くまで行きそうになるもので

それはまさに

グラウディングと密接な関係がある

現実を渡り歩くには

いくつかのエッセンスも必要で

知恵やエネルギーを活用して

表舞台立つことも

その人々にとっての得意不得意があれど

重要なこと

 

ますます頼もしい人に成長すれば

それぞれに笑いかける星も増える

そうすれば

織姫と彦星も

年に一度と言わず数回は

互いの笑顔を眺められるかもしれない

 

そういって、

アマテラスが優しく微笑むからね

 

 

pic/島根県 長浜神社

pic/空の上より

広告を非表示にする

射手座満月

f:id:ResoulA:20170609235701j:image

 

素敵な夜

大きな空にかかる雲の隙間から

大きな月が顔を出す

今夜は

射手座の満月

 

新しいことを見定める時であり

やりたかったことが叶った瞬間の積み重ねでもあり

 

誰しもが喜びのために

一生懸命に歩いてきたその先に

見つけた

大きな大きな希望のような日

 

新しいことよりも

古いこと

古いことよりも

さらに古いことに

心震わすことも在りましょう

 

それはまた

それで持ち味がるのもので

 

あなたがそれを望んでいるからこそ

そこに矢を放つというものです

 

あなたの矢はどこに向かっていますか?

どんな方向に進もうとしているのでしょうか?

新しい矢を放つ前に

あなたが恐らく

これまでに放ったであろう矢が

己のところへ戻ってきているのを

しっかりと確認してみてください

 

そうすれば

今どこにいて

何のためにこうしているのか

かるというものです

 

そう、

射手座とは

射ることが出来るだけでなく

射ったものが

どんな形にでも変化して

必ずあなたの元に戻ってくると

教えてくれる

そんな星の形です

 

今夜はもう少し

月を眺めてみませんか?

そして、こんな声に耳を傾けてみましょう

 

「ここは月夜の真下

あなたはいまこうして

呼吸とともに

月のエネルギーを吸い込み

呼吸とともに

太陽のエネルギーを受け取ります」

 

そして

その上で

どのようなメッセージを受け取るのでしょうか

 

手にしたメッセージ

あなたがあなたのために

いつか送った信号のようで

私は喜びに浸ります

 

 

って、大天使ミカエルが言うんだもの

 

 

pic/ストロベリームーン

 

広告を非表示にする

麦秋至

いつだって

ひらめいた時は思いがけず

いつだって

思いついたものは傑作だ

 

f:id:ResoulA:20170530200207j:image

 

春だから種まきという事でもあるまい

いつだって蒔こうと思えば蒔けるのだ

 

撒いてしまうことも

あるのだが

それはそれで

致し方ないことであって

だからって責める必要なんぞ

ないのだ

ないのだ

 

秋の頃

どんな空を見ていたのか?

冬はどんな風に吹かれて

春はどんな夢を見ていた?

 

流れ行く時の中で

形作られた

何かが

今その手の中にあるのであろう

 

今日は宴

そなたがそなたを知った日であろう

どんなことをしてきたのか

 

機は熟した

 

気の乗らぬ夜もあろう

目覚めたくない朝だってあろう

だが

わしはここから見ておるのだ

そなたの熟した機を

 

今こそできることを

今だからやりたいことはないのか?

今しかできないことも

 

せいぜいやれ

せいいっぱいやれ

走れとは言わんが

ぬるい風を己の速度で

心地よいものに変えることだって

出来うるのだ

 

 

焦る姿もまたいい

刻まれていくその命が

その命がそのものが

ただただ

美しいのだ

 

 

って、えらい和風な

大天使メタトロンが言うもんだからさ

 

pic/ 豊川稲荷東京分社

広告を非表示にする

紅花栄

f:id:ResoulA:20170528005023j:image

 

紅花の花が咲き誇る頃

学校生活は

少し慣れてきて

気になる人が出来たり出来なかったり

 

紅花畑をみることは

なかなかないけれど

近くの学校からは

紅花のようにエネルギッシュな

暖かいパワーが流れてくる

 

この紅花の時期には

もう新緑は落ち着いて

少しずつ濃く

深くなっていく

 

ハートの中に

コーラルの

オレンジの

優しい光が届けば

あたなのなかのチャクラも

何か反応するような

 

 

pic/ 奈良・談山神社

 

 

広告を非表示にする

風を感じる

いい季節

心地よい風の中に

懐かしいものを見つけるように

 

今日の風はいつの風?

あなたになんと問いかけてくるのか

f:id:ResoulA:20170522131553j:image

 

カーテンが揺れるように

光が揺れて

身体に優しく

感覚が伝わってくる

 

涙がきれいに消え去って

また新しい涙がうまれて

 

私たちは誰より敏感で

誰より私であると気づかせてくれる

 

あなたがあなたでいるには

この風をしっかり

感じておくことも大切なのかと

 

それが人間という色なのかもね

と、

アンブリエルが言うもんだから

 

 

 

pic/奈良・談山神社

 

広告を非表示にする

光に包まれる

大物主さんのところへ

f:id:ResoulA:20170508103923j:image

 

早朝の訪問は

本当に久しぶりやったけど

皆さんお元気そうやった

 

新しい光をたくさん浴びて

また今日を始めましょう

 

新しい光は

すべての人に

愛と力を授けてくれる

 

とりわけ、

腹に子がおる人

何か苦しいと思いを抱えているひと

そして

まだ見ぬ未来を

しっかりと見据えて

喜んでいるひとには

それはそれは

大きな力となる

 

手のひらに光を浴びせるだけで

地脈の動くのがわかる

 

暖かくなるのがわかる

 

自分が生きてるのが分かる

 

 

ありがとう、

光に対してだけではなく

感じさせてくれる感覚を持つ

身体に

ありがとうを

 

 

今日も良い風に乗れるように

 

 

pic/奈良・大神神社(三輪山)

 

広告を非表示にする

帰り道

f:id:ResoulA:20170501235107j:image
故郷への帰り道
懐かしい香りがした
あなたが包んでくれた
優しい優しい香り

 

故郷への帰り道
懐かしい声が聞こえる
知らない誰かの身体から
知っているような声がする

 

故郷への帰り道
泣きたくなる気持ちになる
あなたがくれた喜びが
心から溢れてくるようで

 

故郷への帰り道
誰も知らない私になる
ここへはもう戻らぬと
誓ったあの日と同じように

 

 

どこかに置いてきたような
やすらぎの気持ちや
人を思う大切さを


今一つずつ拾い集める
何もなかったころの私になる

 

明日にばかり向いていた
空の色ばかり気にしていた
雨の音さえ振り向かず
風の呼び声に耳を閉ざした

 

どこかに忘れてきたような
あの時の私の幸せも
どれほど手に入れようとして
出来ずにいたか知れずとも


私は今故郷へと


ゆっくりゆっくりと戻っていく
私という大切な命へと
育まれた愛の源へ

 

 

故郷への帰り道
泣きたくなるよな気持ちになる
愛することを忘れていた
随分と愛されていた私

 

故郷への帰り道

 

pic/奈良・大神神社

広告を非表示にする