Pray to my SOUL

たくさんのスピリットと生きる世界を

ここにいます

 f:id:ResoulA:20171124153809j:image

あなたの傍に

我々は居ります

 

あなたの背後に

あなたの傍に

あなたの前に

あなたの中に

あなたとともに

 

どうか、

私たちを知って欲しい

それは

オリジナルのイメージであれ

書物の中の絵であれ

光の塊であれ

それを

私たちだと

認識していただきたい

 

私たちは

あなたの傍にいて

いつだって

あなたが必要な時に

動き出す準備を整え

あなたとともに

沢山の経験をしております

 

あなたが求めるものを

私たちは全力で用意し

あなたが迷った時は

私たちなりのせいいっぱいで

サポートいたしております

 

天使は

チームでございます

あなたのチームでございます

タッグを組んで動きます

 

 

そう、伝えたいそうだ

 

pic/天野尚さん

広告を非表示にする

ただいまを

鳥羽へ墓参りに行き

無事に戻った事を

東京大神宮へご報告に

 

f:id:ResoulA:20171108165213j:image

 

めったとしないお礼参り

(ズボラなので)

墓参りの帰りに

伊勢へ行き

その報告も兼ねて

 

伊勢エネルギーを

東京の伊勢神宮と呼ばれる東京大神宮へ

 

ふと、座っていると

神明宮にも行きたいような

そんな氣が沸き起こる

 

 

墓参りでは

様々なことがあった

墓場を調整させていただき

ご挨拶を済ませ

海を眺め

 

でも、

人生を通して頑張った

体を支えた骨が安置される場所

 

スピリットはそこには居ないと

多くの人が言うけれど

骨には沢山の記憶が残っている

 

生きて居た時を支え続け

様々なことを刻んだ骨に

手を合わせる事で

癒される時代や物事がある

 

墓参りの後

泊まった宿で女将さんから伺った職人の話

まさかの

私たちに関係する先祖の話だった

 

話を聞いて

私たちは何か大切なものを

家系の

そして血筋の大きな歴史の中にある

素敵なものを

蔑ろにしていたのかもしれない

 

墓に行き

小さく暖かいであろう骨に

想いを寄せ

手を合わせた事で

聞けた話なのかもしれない

 

そんな、

超絶個人的なことを書いてみた

 

ただ、おかえりと

言って欲しいわたしに

東京大神宮の鏡にうつるわたしが

しっかり

おかえり

そう言ってくれてる

 

神様は暖かい光を

必ずや授けましょうと

東京大神宮は縁結び

 

けど

 

東京大神宮は

愛を喜びの光として渡してくださる

優しくて厳しい

アマテラスの側面をおしげもなく

出してくださる

氣の良い場所です

 

 

PIC/東京大神宮

広告を非表示にする

晴れやかに

色々なことがある

人それぞれ

空 それぞれ

f:id:ResoulA:20171106113955j:image

決めたことだからと固くならず

辞めてみることだって

決断だから

どんな決断でも

それがささいな事であれ

あなたの中から湧き出す力に

他ならない

 

隣に誰がいようとも

あなたがあなたであることに変わりはない

ただ、

あなた以外の人に

あなたはなれないし

あなたという存在を

代わってもらうこともできない

 

それは

ありがたいようで苦しく

苦しくも

ありがたいことだわ

 

良く言うわね

人は一人では生きられないと

でもそう

あなたがいることを知ってくれている人がいる

だからあなたはあなたを知ることができる

それも

素晴らしいギフトとして

 

だからって

あなたになにをしろというわけではないの

ただ

気持ちく

呼吸をしてほしいだけよ

 

そう言って晴れ間から

アンブリエルがささやくの

 

PIC/TDL

広告を非表示にする

流れを変える力

朝起きて

太陽の光を浴びながら

新しい気持ちを思い起こす

昨日と言う束縛から離れ

明日という自由な可能性をみる

明日自体が束縛な場合もあろうが

それでも明日は

自由に彩られているものだ

 

f:id:ResoulA:20171104133159j:image

 

自分自身の中にある

無数の知識や知恵が

眠るエネルギーを感化させる

それはまるで

何でもある本棚のように

 

そして無数の力が眠る場所に行き

その知恵を受け取りながら

自分の未来をもう一度描きなおす

 

流れを変えるには

流れを見る必要がある

どこから来て

どこへ行くのか

「どこから来て」

どこへ行くのか

 

人間でいえばこの体

ざまざまな経験から紡ぎ出される知恵を

先祖からさらに拝借する

 

墓には故人こそ

魂こそ眠らぬが

そこには人生を歩んだ身体(骨格)がある

骨は記憶し

骨は再生する

 

直談判にはもってこい

 

墓へ今一度

参ろうではないか

 

それは古代から続く

日本の愛の表現の仕方の一片なのかもしれない

 

 

pic/三重県鳥羽市 旅館 海月

広告を非表示にする

探し物

は、

頭の中ではなく

その手でしっかりとね

 

f:id:ResoulA:20171018090926j:image 

導いてくれる何かがある

 

それがナニカを

知る必要はなく

従うのみだが

また新しいものを見つけると

探し物を諦める

 

諦めるというよりも

探していたことを忘れる

探していたものに対する

価値を見失う

 

なんどもなんども

同じことを繰り返す

 

ものすごく大切なことだったと

思ったから探したが

案外とさらっと

手放してしまうこともある

 

私たちまだ

若いから

 

そんなこと言っていたら

あっという間に尽きる

 

今が始め時

どんな事も

 

今が

その時

 

待っていても来ないものは

自分から歩み寄っていくしかない

歩み寄ったとて

逃げていくかもしれないのに

 

待っていたって回ってこない

 

人間は立体だから

直線的に投げたものか

直線的に返ってくるわけではない

 

追いかけても追いかけても

届かないものもある

 

いや、

 

追いかけるより

逆回りも早いのかもな

 

考えるより

やってみる

ものすごく簡単で

ものすごく難しい

チャレンジではあるけれど

 

じっとしているよりかは

マシだな

新しい道を作ることは

決めてからやるのではなくて

踏み込んで

進んでみて

振り返ったら自分の足跡で

ただ一本の道が出来ていた

的な

 

的な

 

的な

 

ことだったりするのではないかしら

 

まだまだこれから

やることは沢山ある

まずは明日に向かって

体を休めること

食べること

理想を思い描くこと

それを形にすること

始まりは

いつも

その手がギュッと握っている

 

新しい光に向かって

手のひらの中にある

その

雄大なエネルギーを

惜しげもなく

見せびらかせて

 

あなたの可能性を

存分に

私たちに見せつけて欲しい

 

その光を受けて

私たちが代わりに探し物をする

あなたが求めているかもしれない

そんな

素敵なものを

 

どこまでも大きな力が

あなたの背後で動いている事を

知る時が来る

 

それを知った時

探していたものが

現れる

表れる

顕れる

 

そんな時

私たちの存在を

知っていると言ってくれたら

嬉しい

 

あなたの中にある

パワーに

私たちは活かされている

それか天使という存在かもしれない

 

まだ見ぬあなたに

まだ見ぬ私は

もうこんなに

愛を感じているのだ

 

っていう

大天使ヨフィエル

からのやつ

 

Pic/TDL 

広告を非表示にする

ふと

 

押し上げる気持ちがどれくらいの強さなのか

自分自身では分からずとも

私を愛する人ならば

はたから見てそれが如何なるものなのか

感じ取ってくださることもあります

 

友人

それは言う人

あなたの事を言う人

 

友達

共に立つ人

あなとともに歩む人

 

友人が友達になり

友達が友人になり

形や言葉の表現は自由であるが

それぐらい

あなたのそばにいる人が

あなたを持ち上げてくれる

 

あなたを信じなさい

あなたのそばにいる人を信じなさい

あなたのそばにいなくても

あなたを想う人を信じなさい

 

あなたを信じなさい

 

あなたが一人でない事を

思い出すために

あなたの周りに目をやりなさい

あなたがそうやって

誰かを思うとか

また誰かも

あなたのことを思っている

 

そのことがどれだけの愛をはつどうさせるのか

 

あなたが愛の始まりであるとするのなら

またしても

あなたが愛の終着地である

 

あなたを信じなさい

あなたの友人であり友達を信じなさい

 

たとえどんなことがあっても

信じているものが

強さをまねき

強さがまたあたらしい力を作る

 

あたらしい力のなかに

生まれる素晴らしい愛を

あなたから発しなさい

 

 

そうやって、アマテラスが喜びの光をくれる

広告を非表示にする

ご挨拶へ

f:id:ResoulA:20170927143853j:image

 

誕生日の今日

これまで健康で今日を迎えられたこ

これまで生きてこられてこと

出生の喜びと感謝を伝えに

ご挨拶へ

 

タイミングを合わせ

出生時刻に本殿の正面に立てるように

 

石を握って鳥居をくぐれと言われたのに

参道で思い出し

お賽銭出しながら石も握り

シロモノがなかったので五円玉に暗示をかけ

 

無事、

生まれた時刻にご挨拶完了

 

 

背中をゆっくり風が触って

力がどっとのしかかる

ありがとう

ありがとう

私をここに連れて来てくれて

 

ありがとうございます

私をここに立たせて下さって

 

今日も元気に

これからも元気に

生きて行くだけです

 f:id:ResoulA:20170927144431j:image

 

PIC/東京大神宮

 

 

広告を非表示にする